ビットコインの将来性 vs ESG投資の潮流

ビットコインが一時700万円を突破しました。予想外の上昇に対して、どう対応すれば良いのか戸惑っている方も多いのではないかと思います。

ビットコインを持つべき理由については、下記記事にて書きましたが、今回は最も懸念しているリスクについて書いておこうと思います。

膨大な電力を要するビットコインの採掘

ビル・ゲイツ氏は、仮想通貨のマイニング(採掘)は大量の電力を必要とするため、気候変動の問題を悪化させると警告しています。

なんと、ビットコインのマイニングによる消費電力はルクセンブルクなどの小国と同程度もあるというから驚きです。

ふ〜んという程度でこの話をスルーするのは、非常にに危険であると思っています。なぜなら、プロ投資家の世界では今ESGなどの持続成長が最も旬なテーマとなっています。

ESG概念に沿わなければ長期の成長は困難

ESGという言葉が使われてからだいぶ経ちますが、プロ投資家の間では本格的に根付いてきています。

ESGってきれいごとじゃないの?という時代はとうに過ぎて、実際の投資指標として、ESGが取り入れられています。

具体的には、二酸化炭素の排出量や電力消費について、きちんと削減のロードマップを示さない企業は、投資対象から外されるなどです。

また、最近の新疆ウイグル問題の話題性の高さからも、ESGの関心の高さが伺えます。人権問題なども投資の意思決定につよい関連性が出てきた証です。

ビットコイン価格上昇の冷水となるか?

とは言っても、現状のビットコインなど暗号資産の投資主体は個人投資家がほとんどです。よってESGの観点が現状は影響されにくいでしょう。

ただ、小国並に拡大したビットコインの電力消費量は、今後折りに触れ様々な場面で批判される可能性があります。

さらに、最近では大手投資家のビットコイン参入が価格上昇にも寄与した印象があります。今後は、なんらかの対策を講じなければ思ったより機関投資家の保有が進まない可能性もあります。

二酸化炭素の排出量や人権問題への影響を投資の世界で言われても…と思いますが、これが今後の投資の世界の核となる部分であるとすれば、ビットコイン投資に注意する必要があると思っています。

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いします。
▽こちらから読者登録ができます
賞金稼ぎ雑賀衆の投資術 - にほんブログ村
▽こちらから読者登録ができます
賞金稼ぎ雑賀衆の投資術 - にほんブログ村
未分類
スポンサーリンク
**twitterでブログの更新をお知らせしています**
**twitterでブログの更新をお知らせしています**
saikashuをフォローする
賞金稼ぎ雑賀衆(さいかしゅう)の投資術

コメント

タイトルとURLをコピーしました