【サイドFIRE】前向きなセミリタイアのススメ

FIRE

最近よく聞くようになったFIREムーブメントについて、改めて書いてみたいと思います。

FIREとは

Financial Independence Retire Early の略

経済的な自由を手に入れ労働から解放される状態を意味します。よって、「会社を辞めたい」「不労所得で暮らしていきたい」ということがFIREの動機となることは多いと思います。

「FIREを目指している」と聞く際、人によってその使い方のニュアンスに違いがあると常々感じています。


リタイアを目指すのではなく、将来やりたいと思っている仕事がある人。資格取得をはじめ自分への投資を継続している人。このような前向きな人にこそFIREを目指してほしい。

今回は前向きなFIREとしての「サイドFIRE」を勧める理由について書いていきます。

「サイドFIRE」とは

「サイドFIRE」=セミリタイアのことです。

完全にリタイアをするのではなく、投資などによって積み上げた資産によって生活費の半分程を賄うことができている状態です。

年間生活費の25年分の資産を積み上げることがFIREの目標とされます。

なぜ「25」なのか。

投資により積み上げた資産(研究では、株式75%、債券25%)を毎年4%づつ引き出すことで、30年にわたり資産が底をつくことがなかったという「4%ルール」により、この数字が導かれています。

「サイドFIRE」では、その半分である12.5年分を積み上げることが一つの目安になると思います。

下記のように、完全なFIREには非常に多額の資産形成が必要ですが、「サイドFIRE」までは、後ほど説明する複利の効果を利用すると案外達成可能な水準です。

生活費(年)生活費(月)FIRE目標額
(年生活費×25年)
サイドFIRE目標額
(年生活費×12.5年)
20万円240万円6,000万円3,000万円
30万円360万円9,000万円4,500万円
40万円480万円1億2,000万円6,000万円

▽こちらの本にも具体例が書かれています。

「サイドFIRE」実現の手順

「サイドFIRE」達成のためには、具体的にすべきことは何でしょうか。

それは、次の4つだと考えています。

サイドFIRE達成に向けてすべき4つのこと
  • 年金額をシュミレーションする
  • 全ての収入と支出を把握し、費用削減を実施
  • 積立投資で毎月一定額を積み立てる
  • 自己投資などにより、収入を増やす

ひとつずつ見ていきましょう。

年金額をシュミレーションする

そもそも将来の年金額はどれくらいもらえるかをご存じでしょうか?

毎月納めている年金ですが、実際いくら貰えるかを意識している人は少ないです。

ただ、これを把握しなければ老後に追加でいくら必要か把握することができません。

▽将来の年金予想額の計算方法については、こちら記事をご覧ください。

全ての収入と支出を把握し、費用削減を実施

マネーフォワードMEというアプリが大変便利です。

マネーフォワードME

保有しているすべての金融口座、クレジットカード、年金口座や保険などを同期することで「収入と支出を見える化」することができます。

積立投資で毎月一定額積み立てる

インデックス投資を積立NISA、iDECOなどの非課税枠を中心に毎月一定額積み立てます。

ここでのポイントは、どの投資信託を選ぶかです。信託報酬が低く分散効果の高い全世界株式ファンド【eMAXIS SLIM オールカントリー】などを選びましょう。

自己投資などにより、収入を増やす

資格取得などの自己投資を実践します。その分、収入増があれば「3」の積立額を増やします。

上記4つを実践するうえで、重要なのは気楽に行うことです。
FIREした後に一切働かないのであれば、みっちり計算する必要があります。

しかし、将来の生活スタイルの予想は難しく、15~20年後の自分の生活スタイルを予想できる人は少ないはずです。

よって、おおまかなイメージを持ち行動することです。毎月の積立額についても、予定額に満たない月があってもよしとしましょう。

それくらいの感覚のほうが継続できます。

経済的、精神的に将来の自分を有利にする「サイドFIRE」

例えば、25歳からサイドFIRE準備をする人で下記の生活費360万円(月30万円の生活費)の場合は、サイドFIREとなる4,500万円の資金を20年後に積み上げる必要があります。

年生活費360万円(月30万円)として、この半分に当たる年生活費180万円(月15万円)を賄う資産額=上記のように4,500万円となります。

この、生活費の半分を賄えている状況は将来の選択肢を増やすに違いありません。

その時点で仕事がうまくいっていれば続ければ良いだけですし、収入減が分かっていながらどうしてもチャレンジしたいことがあれば、思い切った選択も可能になります。

それ以前に、ウマが合わない上司の理不尽な命令にも距離を置くことができるでしょう。この次元にいるということは、実は会社員では別格であり精神衛生上メリットが大きいと思います。

会社員としてのストレスの大部分がここにい凝縮されているわけで、「嫌われる勇気」を持つ必要などなく自然な対応ができることでしょう。

出口を確保してこそ「サイドFIRE」成功に近づく

そのためにも自己投資を行い、「サイドFIRE」後に自分がやりたいことを見つけておければベストです。私の場合、「サイドFIRE」を目指すモチベーションの源泉はここにあります。

仮にあまりお金にならなくても、この好きなことをやっていればもう生活できるという会社に依存しない余裕を手に入れることが重要です。

積立投資の複利効果を味方につければ、ハードルはそう高くない

実現に向けて、さきほどの「4%ルール」同様に知っておくべきは「複利効果」です。

先ほど例に出した25歳の方(月の生活費30万円)の方が、20年で4,500万円という「サイドFIRE」に必要な資産を積み上げるケースですが、毎月いくらの積み立てが必要になるのでしょう?

下記の通り、毎月約9万7千円です。(半年複利6%、税金は考慮なし)

年数元金(円)
(積立額)
利息(円)元利合計(円)
(積立額+利息)
実質利率
0年97,000
5年5,820,000969,1286,789,12816.652%
10年11,640,0004,273,13915,913,13936.711%
15年17,460,00010,715,05428,175,05461.369%
20年23,280,00021,374,04344,654,04391.813%

9万7千円というと多く感じる方も多いかもしれませんが、なにも1人で行う必要はありません。結婚して共働きができれば、配偶者と合わせてで良いのです

さらに、積立NISAやiDECOを夫婦で利用することで、月9万7千円の全部、もしくは大部分は非課税枠を利用できます。(iDECOは60歳まで引き下ろせないことに注意が必要です)

それにしても複利効果はすばらしいですね。このケースでは、20年で2,328万円積み立て、利息分が2,137万円!! 一見嘘のような数字に感じます。苦労して毎月10万円近く積み立てる励みになるのではないでしょうか。

アインシュタインをして人類最大の発明の一つと言わせるのにふさわしい複利の効果です。

最後に

例に挙げた現在25歳で月々の生活費30万円の人がサイドFIREに必要な目標金額の4,500万円を達成し、そこから「4%」づつ取り崩すと、月に15万円の収入を継続して得られます。

残りの必要な生活費は月15万円であり、稼ぐのは容易な水準です。

さらにその20年程度後、65歳以降から支給されるであろう年金も15万円もらえる人は多いでしょう。

これをみても、お金に関するストレスは激減しますね。

まずは、経済的自由=FIRE の前に比較的達成可能な経済的、精神的にも余裕を生み出すサイドFIRE を目指すのはいかがでしょうか。


ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いします。
▽こちらから読者登録ができます
賞金稼ぎ雑賀衆の投資術 - にほんブログ村
▽こちらから読者登録ができます
賞金稼ぎ雑賀衆の投資術 - にほんブログ村
FIRE
スポンサーリンク
**twitterでブログの更新をお知らせしています**
**twitterでブログの更新をお知らせしています**
saikashuをフォローする
賞金稼ぎ雑賀衆(さいかしゅう)の投資術

コメント

タイトルとURLをコピーしました