FIRE(アーリーリタイア)、サイドFIRE(セミリタイア)には非常に相性の良いFP資格
について

FIRE

本日3月5日は、フィナンシャルプランナー(以下FP)資格の合格発表日でした。

私は1級学科試験を受験したのですが、本日合格通知を受け取ることが出来ました。とはいえ、まだWebによる合格発表のみで、点数などはわからないのですが、おそらくギリギリの合格です。

本試験は、基礎編と応用編に分かれています。応用編は過去問を何度も行うことにより対策が可能で、過去問を10周程度行えば80点近くは取れます。

問題は基礎編です。過去問からの出題がだいたい3割程度でしょうか。残りは難問、奇問の数々です。
試験終了後、自宅に帰って自己採点した結果、この基礎編が100点中なんと48点。半分も得点できていませんでした。直前の予想問題では60点は取れていたので、今回1月24日試験の基礎編が難しかったことがうかがえます。合格率は10%を割っていました。


私は試験に臨むにあたり、応用編の過去問を10周以上は行っていました。この応用編で75点ほど、そうして合格点の120点をなんとか超えられた形となりました。

守りの知識=FP資格

FIREを目指すための具体的な方法として「お金を投資」している人が大多数なのではないかと思います。

私は、自分への投資=正しい知識を増やすこと、これがFIREへの打開策になり得ると考えます。年齢が若い人ほどそういえるでしょう。

私は金融業界が長く、業界の基本的な知識をある程度持ち合わせていることに加え、証券アナリスト資格を勉強するなかで、経済学や企業分析の基礎を学びました。

これらの知識が、「お金を投資」する際に役立つものが多いのは事実です。ですが、必ずしも資産の増加に繋がらない場合も多いのです。

というのも、知識がつけば自分なりの方法を試してみたくなります。すると不確実性の高い相場のなかで勝ったり負けたりすることになります。こうした不安定な運用はFIREやサイドFIREを計画的に実現するということとは別の次元の話のような気がしています。

結果FIRE達成時期を予測し、目標を立てることを難しくさせてしまいます。

先日のFIRE準備のための年金額の見直しについての記事でもご紹介しましたが、将来の年金額の把握や、下記に記すような金融リテラシーを高める=守りの知識を備えるということは、FIREという目標に向かうために必須条件ではないでしょうか。

FP資格はFIRE実現の手段を増やす

FP試験の勉強を始めて感じたこと、それは自分自身が納めている税金に関して、いったいどれくらいの人が常日頃意識をしているのか、ということです。

普通にサラリーマンをやっているだけでは、確定申告をする必要性が少ないですし、節税の余地もあまりありません。ですから、会社に天引きされている税金について、全くと言っていいほど関心のない人が多いのだと思います。

ただ、資産規模が大きくなった場合、不動産投資や節税に関する知識の重要性は増すと思うのです。

知識があれば、資産を増やすことができるのです。具体的には以下のことが挙げられます。

例えば、不動産を複数保有した場合、この収入源を事業とする、すなわち法人化をすることによって支払う税金を減らすことができます。これは、実質的に手元に残るお金を増やし、資産を増額することに繋がります。

他には、自宅マンション購入の住み替えの際には、譲渡益3,000万円までの免除された場合、住み替え先で住宅ローン減税が受けにくいことなどがあります。これら自分の選択肢のなかで、何が最適かを判断するのに役立ちます。

そこまで資産が無い段階でも、例えばフリーランスで働いている人などは、事業に必要と認められれば10万円以内または使用期間が1年未満のものは経費として計上できます。もちろん、生活費すべを経費にすることはできませんが、このような会社員以外の属性が、正しい知識を利用すれば節税に有利であることは事実です。配偶者がフリーランスで仕事をすることなどを含め、サラリーマン属性だけでは実現できない「積極的な合理的選択」を行える知識が資産拡大に役立つと思うのです。

さらに、サイドFIREの後に法人設立などで好きなことをしたいと考える人は多いともいますが、そういった際にもこの知識は役立つものと感じています。

将来は資産相談業務に役立たせたい

私の場合、金融リテラシーを高めるためにFP1級の勉強をはじめましたが、徐々に、この資格を活かしてセミリタイア後の収入源にしたいと思うようになりました。(このブログを始めた経緯もそれ故です)

会社でも、不動産投資を行っている同僚などは、法人化のメリットや、その方法などについて悩んでいる人が非常に多い印象を持っています。個人では税理士に相談するのは敷居が高く、もっと気楽に資産運用に関するアドバイスを得られるというニーズは高いようです。


本日は、座学だけではなく、節税や運用などでさらなる経験を積みたいと強く感じた日となりました。

ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いします。
▽こちらから読者登録ができます
賞金稼ぎ雑賀衆の投資術 - にほんブログ村
▽こちらから読者登録ができます
賞金稼ぎ雑賀衆の投資術 - にほんブログ村
FIRE
スポンサーリンク
**twitterでブログの更新をお知らせしています**
**twitterでブログの更新をお知らせしています**
saikashuをフォローする
賞金稼ぎ雑賀衆(さいかしゅう)の投資術

コメント

タイトルとURLをコピーしました